アイサン工業株式会社

触媒水・消臭剤 強力な触媒作用を持った、水質浄化用触媒水
トップページ > 触媒水・消臭剤

触媒水・消臭剤

触媒水の原理

触媒水を排水に適正に添加する。

磁性機能を持つ炭化物と微量の鉱物等で構成された物は、水中・空気中にある不安定な化学物質が存在すると、無機有機に関係なく安定化させようとする性質を持っていて、強力な触媒作用があります。
水質浄化用に開発された触媒水は、磁性機能を持つ炭化物と微量の鉱物等で構成された物を水と接触させることで、水質浄化機能水を生成します。
触媒水を排水に適正添加することで原水に化学的作用、物理的エネルギーを与えることで処理状態を劇的に改善させます。

イメージ

触媒水の効果

触媒水の5つの相乗効果。

イメージ

磁性機能を持った炭化物の中の炭素と水が反応することで一酸化炭素と水素が発生しますが、このときの反応エネルギーが強力なイオン波を発生します。更には、微量の鉱物がそのイオン波を更に増幅させる相乗効果を持っています。
触媒水は、その触媒機能により不安定物質を安定化させるため、排水の臭気は殆どなくなります。更に、BOD等を分解するバクテリアを活性化させる作用も有しているため、微生物による分解処理を促進させます。自然の浄化作用をモデルとした微生物生態系が構築され、生物処理を極めて良好な状態は維持されるようになり、維持管理の必要性が殆どなくなります。バルキングも抑制され、凝集沈殿剤などの水処理薬品も不要となります。更には、バクテリアの自己消化、食物連鎖が促進することで余剰汚泥の減容効果も期待できます。

触媒水の特徴

触媒水には以下のような特徴があります。

臭気がほぼ消える

臭い分子は不安定な化学物質なため、触媒が存在すると直ちに結合し安定化します。

浄水と消臭の一体化

排水量が1000t以上になると浄水と消臭は自動的に一体化になります。

取り扱いが容易

本装置は、機械装置・電気的装置・化学的装置・生物的装置はありません。

消臭等の処理が可能

従来のプラント・装置では解決できなかった消臭等の処理が可能になりました。

経費の削減

化学薬品や電気も必要としないため装置がコンパクトで、メンテナンスを必要としないためランニングコストがかなり軽減されます。
ページの先頭へ

ホームページ制作/WEB制作の静岡県浜松市 ウルトラワークス